•  
  •            

Photo board - この掲示板の写真をご自由にお使い下さい。

昌徳宮


 
 
品階石 :両側(東側と西側)には大理石で作った品階石が並んでおり、官職によって指定されたところに立って、儀式を行いました。 
この両班が朝鮮時代の貴族階級の両班(ヤンバン)でした。

 
仁政殿 : ユネスコ指定世界文化遺産の昌徳宮の正殿として即位式、臣下達のあいさつ、外国使臣の接見などが行われました。

 
玉座(ギョクザ): 天皇、皇帝が公式に座る座具のことを言います。

 
宝蓋(ホウガイ): 仏像の頭上にかざす天蓋で王様の頭上を飾る装飾。

 
煙突 : 朝鮮時代の建物には必ず煙突があり、色んな形の煙突で個性を生かす。
 
 
大造殿 : 王妃様の生活空間です。

 
後園 : 仁政殿の後方に階段式庭園があり、朝鮮独特の木、花、煙突そして塀などが 調和されてとても美しいです。
 
 
階段式庭園 :この素朴な庭園には朝鮮時代の倹約の精神が見られてホットする。

 
 
楽善斎 : 丹青(彩色)を施さない質素な建物、壁、彰子、平遠楼とても素朴で美しい建物です。政略結婚をされた英王の妃である李方子女史が1989年まで生活しました。
 
 
白い壁、丸い彰子などが独特です。
 
 
煙突 :煙突一つにも心を込めたことがわかります。
 
 
縁側にて見える外川の景色は切に悲しくて美しいです。
 
 
楽善斎 :外よりの楽善斎はとても綺麗です。
 
 
松の木と宮殿アンサンブルは綺麗ですね。
 
 
昌徳宮ならではの美しさ。
 
 
昌徳宮の外側よりの宮殿も美しいですね。